映像がヌルヌル!120Hz液晶BenQ XL2720Tのレビュー

公開日: : 最終更新日:2014/03/07 ゲーム, 液晶ディスプレイ

4gamerにBenQ XL2720Tのレビュー記事があがっていました。

BenQ「XL2720T」レビュー。27インチで垂直リフレッシュレート120Hzのディスプレイは大きな画面を望むゲーマーの最適解となるのか – 4Gamer.net

SS209

XL2420Tと同じ点

  • 製品デザイン自体は,XL2420Tとまったく同じである。文字どおり「大きくなっただけ」
  • 見た目だけでなく,機構的な部分も,XL2720TはXL2420Tを完全に踏襲している
  • XL2420Tで充実していたディスプレイの設置自由度も,XL2720Tはそのまま受け継いでいる

XL2420Tから改善された点

  • 「パネルエミュレーション」機能に拡張が入っている
  • 中間調応答速度がXL2420Tの2msから1msへと高速化された
  • AMAに改良が入っている。

パネルの大きさが変わっただけでガワはほとんど同じ、
中身の部分で改善されたところが多い。といった感じでしょうか。

AMAというのは一般的には液晶パネルの応答特性を改善する方法として「オーバードライブ」なんて呼ばれているものですね。
XL2720Tではこれにも改良が加えられているとのこと。

減点ポイントとして画質と価格が挙げられていました。

  • 27インチへの大画面化に伴って,パネルの正面1m以内から画面を見ると,視野角の制限により,四隅に若干の変色が確認できるようになるのだ。
  • 6万円近い実勢価格(※2013年5月11日現在)というのは,その性能や機能が申し分ないことを踏まえても,やはり高いと言わざるを得ない。

TN液晶で6万円はちょっと手が出しにくいですね。27インチという画面の大型化が原因なんでしょうが、はっきり言ってゲーミングには24インチあたりの方が見易く適しているんじゃないでしょうか。
(※追記:2013年12月1日現在では価格は4万5千円ほどです。)

大画面がいい!という人でなければ同じようにヌルヌルで垂直リフレッシュレート120Hz出せるXL2420Tを選ぶ方がいいんじゃあないでしょうか。

関連記事

1000人同時プレイ!?MMOボンバーマン「Bombermine」絶賛βテスト中

1000人同時プレイが可能なMMOボンバーマン「Bombermine」がβテスト公開されています。

記事を読む

Lenovo、「ThinkVision 28」PCモニタ+Android端末な4Kディスプレイを発表

LenovoがAndroid搭載の4Kディスプレイ「ThinkVision 28」を発表しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

dysoncoolfan
ダイソン 羽根のない扇風機の新製品「AM06/AM07」を発表

ダイソンが羽根のないただひとつの掃…扇風機「ダイソンクールファン」の新

abenoharukas
あべのハルカス、ついに全面開業-高さ日本一の300m

近畿日本鉄道が建設した高さ日本一(300m)のビル「あべのハルカス」が

ビットコインの父、米カリフォルニアに在住か-ビットコインとの関係は否定

ビットコインの考案者と言われるナカモト・サトシ氏の所在がThe Fac

LINE電話ってどんなもの?-解説・まとめ

LINE電話とは LINE公式のプレスリリース 公式のプレスリリー

ASUS、ワコム製デジタイザ搭載のVivoTab Note 8を発売開始【レビュー情報】

ASUSTeK Computerが、ワコム製デジタイザ搭載のWindo

→もっと見る